フォルダコンテンツ

[コンテンツ]タブは、フォルダに含まれるアイテムを一覧表示します。アイテムに対してコピー、カット、ペースト、移動、並べ替えなどのアクションをするための場所です。

フォルダの[コンテンツ]タブはWindowsの「ファイルマネージャ」や「マイコンピュータ」、Linuxデスクトップ、Mac OS Xの「ファインダ」と似たような機能を提供します。

[Butterflies]フォルダの コンテンツ タブをクリックすると[コンテンツ]タブパネルが表示されます。

フォルダのコンテンツタブを表示

コンテンツ タブパネルでは、コンテンツ一覧の各アイテムの横にチェックボックスが付いているのですぐに見分けられます。チェックボックスをチェックして複数のアイテムに対して[コピー]、[カット]、[名前変更]、[削除]、[状態を変更]などの操作を実行できます。

Ploneは コピーカット のためのクリップボードを持っています。一つまたは複数のアイテムをチェックして[コピー]または[カット]ボタンをクリックすると、[ペースト]ボタンが画面の一番下に追加されます。別のフォルダで[ペースト]ボタンをクリックするとアイテムがペーストされます。[カット]の場合でも[ペースト]ボタンが押されるまでは、アイテムは元のフォルダに消えずに残ります。

アイテムの 名前変更 では新しい[ショートネーム]と[タイトル]を入力するための画面が表示されます。Plone Webサイトではタイトルから自動的にショートネームを作成するため、名前を変更するときに初めてショートネームを見ることもあると思います。名前の変更時にはタイトルとショートネームの両方が表示され、両方を変更することも片方だけ変更することも可能です。

アイテムの名前を変更

タイトルを「Long-tailed Skippers」にする場合はショートネームも long-tailed-skippers に変更すると思います。アイテムのタイトルとWebアドレスとなるURLをきちんと合わせることはとても大事なことです。なお、ショートネームには空白文字を入れないでください。タイトルの空白文字の代わりにはハイフン(-)を使用してください。また、ショートネームには英語の小文字のみを使用してください。PloneのWebアドレス指定やショートネームの扱いに関しては、 :doc:`Webアドレスの中には何がある? </adding-content/whats-in-a-web-name>` も参考になります。次のビデオには名前の変更についての説明が入っています。

System Message: ERROR/3 (<string>, line 43); backlink

Unknown interpreted text role "doc".

actionアイテムの名前変更が入ったPlone 2のビデオを見ましょう。

削除 操作は直接的です。一つまたは複数のアイテムを選択して削除ボタンをクリックすると、指定したアイテムが削除されます。

状態を変更 はフォルダとその下のサブフォルダの状態を変更するためのすばらしい機能です。次の例では[Long-tailed Skippers]というフォルダの状態を変更しようとしています。ここで[含まれるアイテムを含める]をチェックすると、フォルダの中にあるすべてのコンテンツの状態を変更します。3つのフォルダに対して状態を変更しようとしたとき、その全てのサブフォルダと中身に対して公開、非公開などが行われるということを忘れないでください。

アイテムの状態を変更

これらの個々の操作に加えて、自然なマウス操作で行える並べ替えについて次のセクションで説明します。